中国で被害総額13億円のICOねずみ講詐欺

中国西安市の警察当局は、DBTC ICOねずみ講詐欺の首謀者として、Zhang Mou と Li Mouの二名を逮捕したと発表。

 

 

 

 

 

Zhang Mou と Li Mouは昨年十月にDBTC ICO詐欺を開始し、今年の3月28日までの間に個人投資家から約13億円を集めたとされている。

投資家は一口4,800万円で投資すると、日利13万円という高い率で配当されると言われていた。

しかし、3月28日にICOも何も無いまま、この暗号通貨ICOねずみ講案件は飛んでしまった。

投資家の大多数は中国内で、一部はカンボジアの投資家もふくまれている。

注:当掲載事項は、DebitCoin cryptocurrency または Deluge Networkとは無関係です。

 

 

 

韓国のLGがエイボン・ジャパンを買収

 

 

 

 

 

韓国のLGハウスホールド社が、エイボン・ジャパンを96億円で買収。

エイボン・プロダクツ社は1886年にニューヨークで創業された百年以上の長い歴史を持つ、コスメの老舗。

日本でも1968年から営業している。

 

 

 

エイボンレイディと呼ばれる販売員が有名で、ネットワークビジネス形態をとってきたが、2015年に「競争の激しいネットワークビジネス業界で続けていくのは厳しい」として、ネットワークビジネスかた撤退している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療大麻系のKannaway社、2017年度の売上270%増

 

 

 

 

医療用大麻の会社として、初めて上場しているメディカル・マリファナ社の子会社として、ヘンプ系(大麻)の製品を主力にネットワークビジネスを展開しているKannaway(キャナウェイ)社の2017年度第四四半期の売上が、270%増の16億円となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同社は、元MonaVie社の社長に就任した経歴のあるランディ・シュレーダー氏の兄であるブレイク・シュレイダー氏が2年前にKannaway社の社長に就任して以来、順調に業績を伸ばしいてる。