オルガノゴールドとオメウスコインがジョイント・ベンチャー

健康コーヒーを主力商品として日本に進出し、6年ほど前までは急成長をしていたオルガノ・ゴールド社は、近年売上が急降下して財政的に厳しい状況に陥っていた。

その様な中で、オルガノ・ゴールド社は9月にデジタル・スカイネット社(オメウスコイン・IQ Chain)と提携し、暗号通貨市場への参入を決めた。

オルガノ・ゴールド社のトップリーダーであるホルトン・バッグ氏は、米国内でオメウスコイン・IQ Chainへのリクルートを開始した。

米国では暗号通貨のMLMは、証券取引法及び投資法違反となっている。

数名のMLM弁護士によると、「米国内で暗号通貨のMLMを展開すれば、即座にFTC とSECの捜査対象になる。オルガノ・ゴールド社は気が狂ったか、何も勉強していないとしか思えない」というコメント。